出会い系アプリやマッチングサイトにサクラ(さくら)って実際にいるのか。 

という事を疑問に思われている方もたくさんいると思います。

※漢字で書くと【偽客(さくら)】という当て字が利用されるみたいですね。

そもそも出会い系アプリの「さくら」とは何か

そもそも出会い系アプリの「さくら」とは何かといいますと、業者が人を雇って男性や女性になりきり、メールや連絡などを取ってくる事をいいます。

どういうことか? 端的に言うと「詐欺」って事です(笑)

貴方が男性だとして、ものすごく写真が可愛い女の子から「連絡取りませんか?」って連絡がきたとします。

テンションあがりますよね? が、これはサイトにもよるのですが、連絡を取り合うのにメール1通 50円かかります。
という様な場合があります。 

えー!と思うかもかもしれないですが、その時、貴方ならどうします??

「こんなカワイイ子が!? いや、これは何かの間違いだ! 無視しよう!!」 
に、ならないのが男だと思います(笑

「1通 50円払う払う!!」 

になってしまうんです男性がいるんです。

それが、実際にかわいい子がアプローチしてきてくれていれば問題ありません。

が、業者が誰かを雇って、かわいい子になりすまし、そういうメールを送ってきている場合があります。

「なりすまし」=「さくら」 ですね。

出会いもしないのに、お金だけ払い続けてしまう。これが「さくら」と言われている悪質な詐欺の手法に引っかかる典型的な形と思ってもらえればよろしいかと思います。

さて、そんなサクラですが、実際に出会い系アプリなどにいるのか?
という話になると思いますが、「いる」 が正しいです。

私の知人でも、そういうことをやっていた人間がいますし、今でもそういう事をやっている人の話を聞きます。

ただ、完全に見抜くことは不可能。だと思います。

なぜかというと、「会うことができない=さくら」でもないですし、「すぐに会いたいって言ってくる=さくら」でもありません。 普通にやり取りしている人が実は【さくら】の可能性もあります。

では、どうしたら【さくら】に「無駄に搾取されないか」ですが、以下の様な事が考えられるかなと思います。

1・月額課金の出会い系アプリに登録する。
2・ドタキャンが何回もつづいたら潔く手を引く。
3・少しでも怪しい。と思ったら連絡を取らない。

事が大事かなと思います。

私は出会い系アプリを否定するわけじゃまったくありません!

むしろ、出会い系アプリうまく使い、いい人と出会い(友達づくりで使ったってまったく問題ないんですから)人生を豊かにして欲しいと本気で思っています。

ただ、中には悪い人もいるよ(笑)と、忠告したいだけです。
人生色々な経験をしたほうが楽しいと思いますので、是非、出会い系アプリの生活を楽しんでくださいねー。

※偽客(さくら)の語源
語源は諸説あるみたいですが、江戸時代の芝居小屋で役者に声をかける見物人役は、パッと派手に景気よくやってパッと消えることから、桜の性質になぞらえて呼ぶようになり、そこから露天商の隠語となって、一般にも広まったとする説が有力とされるそうですよ。

pairs(ペアーズ)